FC2ブログ

絵草紙メモ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > イラスト > ホラームービー

 

スポンサーサイト

スポンサー広告 --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ホラームービー

イラスト 2011.08.12 Fri

相棒season6の最終話『黙示録』を見ました。
ラストのシーン、印象的でしたね。


相棒は、それぞれのシーズンを飛び飛びでしか観てない為、
全話は知りません。6割~7割は観てるかな…といった感じ。
なので観てない話もけっこうあります。
もしかしたら他にも似たようなシーンはあったのかもしれませんが、
少なくとも私はああいった場面を初めて観ました。

今までも右京が強引な捜査をしたことは何度もありました。
でもそれは、どこか右京視点…と言いますか、多少強引な捜査をしても
最終的には隠れて逃げようとする犯人の卑劣さを暴き、
観てるほう側も『ああ真実が明るみに出てよかった…』って
思うことが多かったと思うんです。
特に政治家や警察関係者絡みの事件は利己主義なキャラが多いので。

ところがこの『黙示録』はそれだけでは終わらなかった。
真犯人が暴かれて、真相が闇に葬られることなく明るみになり、
(残された遺族などの哀しみは決して消えないにしても)とりあえずは
事件が解決して良かったね…という展開を迎えるはずだった。
なのにその流れを覆すかのようなあのシーン。

『杉下の正義は時に暴走するよ』


小野田官房長官の釘を刺すような一言。
なんとなく平和の為の戦争…という言葉を思い出しました。
右京は、そういうのが誰よりも許せない性格なハズでしたね。
『サザンカの咲く頃』の犯人に対するセリフなどを見るとそれがよくわかります。

でも自分は真実を暴く為に違法行為をも行う…。
その矛盾に対する作り手からの指摘。
観てる方側が『それって矛盾じゃない?』と感じることはあっても、
描く方側が今までそれを表現することはあまりなかったのではないでしょうか。

右京の不気味さと身勝手な一面。
小野田官房長官から薫ちゃんへ。それが視聴者へ…。
実にインパクトのあるラストシーンでありました。

で、本題へ。
(すっごく長い前置きでした、すみませんw)

他の人はどんなレビューを書いてるかなぁと思って調べていたら、
『最後の亀山君と小野田官房長のシーンで使われていたBGMのタイトルはなんですか?』
という質問を発見。

『Hello Zepp(ハローゼップ)』という曲で、
映画「SAW」のテーマ曲として有名だと書かれていました。



聴いてみたらめっちゃカッコイイ曲だったので
(ドラマで流れてたのは覚えてないw)
今度は『SAW』という映画に興味が湧きました。
2004年のアメリカホラー映画ですかー。


SAW ソウ DTSエディション [DVD]SAW ソウ DTSエディション [DVD]
(2005/03/11)
ケアリー・エルウェズ、ダニー・グローヴァー 他

商品詳細を見る



気になるけど、ホラー映画って当たり外れが多いというか…
ミステリー要素が強くないと怖いって感じないんですよね。
ただ残酷なだけの映画はあまり観る気がしなくて…。




また今まで観たホラー映画が特につまらなかったせいもあるかも。
スプラッタなだけで、不気味な感じがほとんどなかったんですよね~。
期待して観たフェノミナも微妙だったし…。

『SAW』も残酷描写が多いようですが、どうでしょうか。
機会があったら観てみたいです。

以上、本題よりも前置きが長い記事でしたw



 
 

Comments

name
comment
mt : URL No title

#mQop/nM. Edit  2011.08.13 Sat 00:29

私の好きな話題だったのでまんまと釣られて来ました(笑)

まさかドラマの「相棒」にSAWの楽曲が使われていたとは少々驚きです!
ドラマ自体は評判良いみたいですけどTV見る習慣がないのでなかなか…。
水谷さんは素敵なので気になりますww

結構インパクトのある曲なので、すぐにあの曲だろうな~というのが分かりました。
クライマックスや緊迫したシーンで流れるので、焦燥感と息苦しさのある印象だったんですが
こうやって曲単体で聴くと確かにクールでカッコイイかも!

映画はシリーズ4作目くらいまで観ましたが(その4作目は寝ててほぼ未見)、
その中でも一番ミステリー要素が強いのが1作目なので
それだけだったら観ても損はしないんじゃないかな?と思いますよ~。
怖いというよりは痛々しいですが、それも回を重ねて更に酷くなってくる続編よりはマシですから。
しかも1作目では例のテーマ曲が凄くいいところで流れていてすごく興奮した覚えがあります。
その直後ブチ切れたんですけどね…(なぜかはご想像にお任せw)

ミステリーとホラーが上手く融合されている作品は日本に多いような感じがします。
海外物になるとサイコとかスプラッタに偏りがちになるので…。
ミステリーだけで言うなら最近は「ミレニアム」が面白かったです。
1作目はまあまあホラー要素もあったような。

っとすみません、映画話となるとついつい盛り上がってしまうww
フェノミナはこの間借りてきてまだ観てないので近い内に観たいと思います♪

ではではお邪魔しました~!

風来坊 : URL No title

#XNZ/ohVo Edit  2011.08.13 Sat 21:22

MTさん>
こんばんは~!
召喚できて嬉しいです(笑)

そうそう、相棒に使用されてたんですよー。
私自身はあまり記憶にないんですけど、
ただその曲が使われていたシーンがとてもインパクトがありまして、
思えばそのとき流れていた曲が、その場面を印象付けるのに
より大きな力になってた気がするなぁ…といった覚えはありました。
相棒でも、まさにクライマックスで流れてましたよw

私もドラマやテレビ番組はほとんど観ませんが、
相棒だけはついつい放送してると観てしまいます。
水谷さん、英国紳士風でイイ感じですww

っていうか、SAWってそんなにシリーズ出てたんですかっ。
1作目はミステリー要素もけっこうあるんですねー!
個人的にミステリー要素はとても大事ww
どんな場面でテーマ曲が流れるのかも気になるし、
なんで直後にブチ切れたのかはもっと気になるし…(笑)
そのうち観てみたいなぁと思いました!

確かに海外ものはグロさなどで怖がらせるパターンが多いですよね。
ミレニアムというのはミステリーなんですか~、。
ホラー要素とミステリー要素が融合されているのは最高!ですね^^
MTさんは本当に映画について色々知っているので参考になります♪

フェノミナはツッコミどころがけっこうありますが、
ホラーの雰囲気は味わえると思います^^
ジェニファー・コネリーも可愛いし♪

ではではコメントありがとうございましたー!




comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。