絵草紙メモ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 日常 > ロマンシング・サガ THE STAGE〜ローアヌが燃える日〜

 

スポンサーサイト

スポンサー広告 --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ロマンシング・サガ THE STAGE〜ローアヌが燃える日〜

日常 2017.04.23 Sun

ロマサガ3の舞台、『ローアヌが燃える日』観てきました!

めっちゃ面白かった!!

大大大大満足です!!

この舞台は、ゲームをやり込んでる人ほど楽しめるんじゃないかと思います。
コアなファンの心をくすぐりまくる出来栄えでした。

ネタバレありの感想を書くので、これから観に行く予定のある人はこの先はご遠慮ください。
読んじゃダメですよ、絶対に(笑)






なんと言っても、ゲームの再現率がハンパなかったです。
そして笑いの要素もふんだんに…!
物語のベースは重厚感のある真面目な作りになってるんですが、
そこに無理なくあんな面白いシーンを散りばめられるなんて、本当に素晴らしかった。

初っ端の詩人とゆきだるまの前座は最高でしたね。
いきなり足の生えたゆきだるまが登場して…詩人に『足、足!』とツッコまれ…

snowman.jpg

しゃがみながら急いで足を隠すゆきだるま(笑)
可愛いのなんのって…っ
けど、その後はふつーに二足歩行で足出したまま何度も登場してました…w


それでは、項目別に感想書いてきますね。



【音楽】

こりゃもう、舞台もイトケン様が音楽担当されてますし、素晴らしいのは当たり前なんですが、
四魔貴族バトル2とか、ポドールイの曲とか、うおーコレ流してくれたかぁー!みたいな
『うんうんコレコレ』がたくさんありましたね。
まだ物語の途中なのにエンディングテーマまで流れてました(笑)

欲を言うと、黄京バトルもどっかでちょっと流してほしかったかな〜。
あ、でも黄京のシーンないからそれは難しいか。

そして冒頭で流れてた主題歌…なのかな?も、すんごくカッコよくて、
絶対また聴きたくなるような、そんなメロディでしたね。
サラと少年の劇中歌も素敵だった……*

サントラ予約してきました。あの曲入ってるといいなぁ。

あれ、そう言えばサルーインバトルの曲が途中で流れていたような気がする…。
今回サルーインは出てこないのに…w


【映像】

2・5次元ということで、プロジェクター映像とのコラボレーションが凄まじかったです。
映像技術の素晴らしさに圧巻。

技や魔法を繰り出したとき、役者と映像が完全に一体化しておりました。
グゥエインの背中に乗って戦うシーンやビューネイ&フォルネウス幻影の姿なんかも…!

余談ですが、グゥエインのせなに乗ったのがモニカというのが意外でした。
そのあとの《モニカのパーティは全滅した…》に爆笑(笑)
ヒュルルーンとグゥエインから落ちていくモニカ…ツボ押さえすぎですww
こういう演出は、映像ならではですよね。


【コメディ要素】

ところどころに笑えるシーンを盛り込んである今回の舞台ですが、
一番笑ったのは閃きシーンですw

戦闘中いきなり黒子が出てきて、トーマスの頭にランプつきのヘルメットをかぶせ、
『お、おいなんだコリャ!』と焦るトーマス。

次の瞬間『ピコーン!』という音と共にランプの点灯。そして閃いた無双三段。
技の映像もバッチリ表現されていました。

それを見ていたミカエルが、『おい、ちょっとソレ貸してくれ!』とせがむw
ミカエルが閃いたのはサザンクロス。
最後に、同じくヘルメットをかぶって乱れ雪月花を閃いたカタリナ。

ゲームをプレイしたことのある誰もが『おおおおおっ』と心踊ったと思います(笑)

あまりの愉快さと映像のキレイさで、何かもう自分がどんな感情になってるかよくわからん状態…w
乱れ雪月花の後には、みんな思わず大きな拍手を送っていました。
間違いなく、本舞台の見せ場のひとつだったと思います。


【技と術】

ゲームに登場する技と術がたくさん使われてました。
シャールのセルフバーニングやブラックのブレードロール。
エレンはマキ割りダイナミックで、詩人は勝利の詩。
剣閃なんてマイナーな(というか閃きにくい)技まで…!
ビューネイ様のアースライザーや超高速ナブラかっこよかったなぁーーー!

個人的には、ビューネイベビーのテラーボイスが良く表現できているな…と思いました。


【アクションシーン】

華麗なアクションシーンが満載でした。
役者の皆様、舞うように戦うのです。
ただのチャンバラ劇ではなく、完璧に美しい、まるで踊りのような戦いぶりでございました。
冒頭で、オープニングムービーの如くキャラクターが全員登場して、アクションシーンを繰り広げます。
そこからハートをがっちり掴まれました…!



【キャラクター】

■サラ
サラ可愛かったよー、サラ。
後からパンフ見て知ったんですが、元モー娘のメンバなんですね!
ゲーム内のサラは内向的で物静かな印象だけど、舞台のサラはけっこう元気な娘っ子でした。
シルエットとかまんまサラの印象で、ほんとはまり役だったと思います。
観賞する前は、衣装が原作と違うので何か違和感あったんですが、
観はじめたらそんなもの吹っ飛んじゃいました。


■エレン
ちょ、エレン!この子もまんまエレンでした。
パンフのエレン、どっからどー見てもエレンですよ!
そして衣装もエレンが一番原作に近かった気がする。
せっかくの体術キャラなんで、もう少し体術繰り広げるシーンがあったら良かったかなーと思います。
でも美人だからそれだけでいいや(笑)


■モニカ
プリティーなお姫様でした。原作のイメージとはちょっと違うけど、
(原作ではもう少しだけ大人びてる印象…)
グゥエインバトルで笑わせてもらったので満足です(笑)
って、後からパンフ見たら、なんと科捜研のアミちゃんやんけ!
こんなところでお会いできるとは思わなかったです…w


■ビューネイ様
いやー、ほんと美しかったです。
ビューネイなんて大役ですよ、大役。
間違った人を使ってしまったらファンから暴動が起きそうな…(笑)
けど、ものすごーく完璧なビューネイ様でした!ふつくしい。
アースライザーとか超高速ナブラとか、完全に映像と一体化してて鳥肌立ちました!



■ルートヴィッヒ
ゲーム内ではテキストのみの存在なのに、今回はけっこうな役どころでした。
練磨の書でイラストだけは見たことありましたが、V系っぽい雰囲気を漂わせたかっこいいお兄さんでしたね!
ロマサガよりは、サガフロに登場しそうな感じ。


■マクシムス
この人も、原作のイメージ通りでございました。
シルエットがそのまんまでしたよ。ほんと再現率高すぎです!
ゲームだと、こいつ本人はそこまで強くなくて、そこにたどり着くまでがなげーんだw
舞台で色々と背景が知れて良かったです。
名前ですが、私いままで『マクシスム』だと思いこんでおりました…汗
ところがどっこいほんとはマクシムス。聞き慣れるまでに違和感が…w


■ユリアン
ユリアンは初めてプレイしたときに選んだキャラです。
テーマ曲も好きだし、色々と思い出のあるキャラなんですが、本舞台では脇役の色が濃いめでしたね…!
ユリアンが全面に出ると重厚感が皆無になりそうなんで、脇役程度がちょうど良いのかも…(笑)



■ブラック
まさかブラック兄さんが登場するとは思ってなかったです。
ちゃんとハーマン姿のシーンもあって、ほんと盛りだくさんだなーと感じました。
フォルネウスを倒したあとのひっくり返ってるブラックの形が面白かったw
ラスト、『俺は陸が苦手なんだ』とぼやいたシーンで、
『ではなぜ先頭を歩いたのだ』とカナリナにツッコまれているのに爆笑しました(笑)


■ロビン親子
あまり登場シーンはありませんでしたが、とてもいい味出してましたね!
少ないシーンながらもインパクトは大。
ところで、ファイナルレターを繰り出したとき、なぜあの赤いZの文字を映さなかったのだろう?
ライトニングピアスの稲妻はちゃんと描いていたのに。
あのZが映ってたら、私飛び上がってたかも…w(迷惑)


■ハリード
ゲームでハリードを選択したことがほとんどないので、主人公と聞いてあまりピンときませんでした。
しかしひとたび舞台を観ると、主人公はハリード以外考えられない…!と思えるからすごいなぁーと。
役者の方、面白さとカッコ良さのバランスが絶妙で素敵だなぁーと感じながら観賞していたのですが、
この劇団の団長さん?なんですね。そりゃ素敵なワケです。
パブのマスターとの掛け合いが面白かった!(笑)
あと、ハリードがエプロンつけてオムレツ焼く姿なんて、この舞台じゃないと絶対に見れまいw



【総評】

もうほんと、最高〜〜〜のクオリティでした!なにもかも…!
正直、観るまではそこまで期待してなかったんです。
もちろん楽しみではあったけど、衣装素敵かな?とかゆきだるまどんな感じかな?とか、
ロマサガの世界観を味わえればいいや程度でした。
それが、こんなに笑いと感動をいただけるなんて…!

大好きなタチアナはいませんでしたが、シナリオを見てる限り、あの戦いには即戦力が必要で
タチアナを悠長に育ててる時間など、どう考えてもなかったでしょう…(笑)


新作が出るのであれば、またぜひ観に行きたいです!





と、ここまで長々とくっちゃべりましたが、
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
なんかキモいぐらい語りましたね、私w

そして今、私は無性にロマサガ3をプレイしたいです…(笑)



 
 

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。